1/500装甲巡洋艦『吾妻』完成品の紹介・購入ページ。艦船模型の販売ならCHERRY&ANCHORへ

 

トップ > 1/500軍艦模型完成品 > 1/500装甲巡洋艦『吾妻』完成品

1/500装甲巡洋艦『吾妻』完成品

当商品は、1/500装甲巡洋艦(一等巡洋艦)『吾妻』の完成品です。

作品はプラモデルの完成品ではなく、記念艦の艦内展示でもおなじみのシールズモデルズ製、日露戦争参戦艦シリーズのレジンキット(定価
30,240 )を製作したものです。

製作においては、パーツ洗浄やプライマー処理など、レジンキット特有の下地処理をしっかりと行い、塗装と組み立てを丁寧に行ったほか、マストや短艇架台などは金属線などで自作しました。

なお、作品にはアクリルディスプレイケースが付属しておりますので、展示の際のホコリ対策なども完璧な一品です。

ケースのサイズは横幅
340mm、奥行き140mm、高さ170mmと、ディスプレイ品としては比較的手ごろなサイズとなっております。

非常に珍しく、かつ模型映えする明治期艦艇のフルハルモデル作品を、ぜひ卓上やカウンターなどの展示品としてお役立てください。


模型製作者:渡辺真郎 (モデルファクトリーハイギヤード代表 艦船模型誌ライター)

(1/500艦船模型完成品の梱包送料は3000円となります)
価格 : 95,000円(税込)
数量    残りあと1個
 

かごに入れる
すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ
  • 作品全景。『吾妻』は明治期の艦艇で、フランスの造船所によって建造されました。イギリスで建造された同時期の装甲巡洋艦などを比較すると、段付き構造の二重煙突や、舷側の曲面美が魅力です。

  • ベースキットは、シールズモデルズの高級レジンキットを使用しております。船体や主要構造物はポリウレタンレジンの無垢で重量感があり、艦載艇や速射砲などには金属パーツを使用しています。

  • 明治期艦艇特有の衝角(ラム)が魅力的な艦首部分。艦橋周りの手すりは、戦闘中をイメージした、マントレットによる表現としております。